AccessVBAでフォームを閉じる3つの方法!コピペでOK!

今回はAccessVBAでフォームを閉じる方法をご紹介します。

保存しない、保存確認メッセージ表示、自動保存で3つの閉じ方があります。

保存せずにフォームを閉じる

保存したくない場合は、Closeの第2引数に、acSaveNoを指定します。

DoCmd.Close acForm, "フォーム名", acSaveNo

保存確認メッセージを表示してフォームを閉じる

保存するか確認させたい場合は、Closeの第2引数に、acSavePromptを指定します。

DoCmd.Close acForm, "フォーム名", acSavePrompt

自動保存でフォームを閉じる

自動保存したい場合は、Closeの第2引数に、acSaveYesを指定します。

DoCmd.Close acForm, "フォーム名", acSaveYes

その他のVBAフォーム操作

今回はAccessVBAでフォームを開く方法をご紹介します。ただフォームを開くといっても「表示形式」と「データモード」のオプション指...

まとめ

今回はAccessVBAでフォームを閉じる3つの方法をご紹介しました。

保存しない、保存確認メッセージ表示、自動保存で3つの閉じ方がありますので、オプションをうまく活用することで柔軟な仕組みが構築できます。

Access使い方・便利技・トラブル対処まとめはこちら↓

今回はAccessのクエリ・フォーム・レポート、VBAの使い方や便利技とトラブル対処法まとめです。よく使うものだけを厳選して...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする