Accessマクロでサブフォームの表示を更新する方法

今回は、Accessのフォームにテーブルや選択クエリをソースオブジェクトとしてサブフォームを作成した場合に、ソースオブジェクトを更新しても、サブフォームの表示が更新されない!ヘルプミー!

・・・と複数の知人から言われたため、サブフォームの表示を更新する方法をご紹介します。

マクロでもVBAでも更新できますが、今回はマクロで更新する方法のメモです。

サブフォームを再クエリ

マクロの編集画面で、この再クエリを選択します。

そして、コントロール名のとなりに、表示を更新したいサブフォーム名を入力してください。

これだけです・・・(笑)

これを、サブフォームの表示を更新したいタイミングで実行してください。

例えば、更新・追加・削除クエリを実行して、ソースオブジェクトを更新した後に、この再クエリを実行すると、サブフォームの表示が更新される、といった具合です。

では、なぜ知人は更新できなかったのか?

「最新の情報に更新」ではサブフォームを更新できない

このメニューコマンドの実行で「最新の情報に更新」を実行すれば、サブフォームの表示も更新されそうな気がしますが、これではサブフォームの表示は更新できません。

知人は、この最新の情報に更新をしていたようです。先に紹介したように、再クエリを実行すれば、表示を更新することができます。

まとめ

今回は、Accessのマクロでサブフォームの表示を更新する方法をご紹介しました。VBAで更新する場合は、Requeryを実行してくださいね。

その他のAccess関連記事

AccessVBAでオートナンバーをリセット(初期化)する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする