Windows10の起動が遅い!ディスクアクセスランプが点灯しっぱなしの時に試したい対処法・解決策

どうも、えいじまんです。今回は、Windows10の起動が異常に遅い…。よく見るとディスクアクセスランプがビカビカして点灯しっぱなし!ってときに試してみたい対処法をご紹介します。

Sponsored Link

現象・状況

PCの電源をONすると、BIOS表示は正常に終了するも、その後のWindows起動に時間がかかる。およそ5分~10分程度。この時、ディスクアクセスランプが点灯しっぱなし

Windows10起動後もディスクアクセスランプが安定しないため、タスクマネージャを開いてみると、「Microsoft Compatibility Telemetry」がディスクアクセスしており、80%~95%をいったりきたりしている状況。

Microsoft Compatibility Telemetryとは

Windows互換性テレメトリー (情報収集) 機能です。つまり、Windows改善のための情報収集機能ですね。ユーザ側からすると特に必要ない機能だと思われます。ということでこれを無効化します。

Microsoft Compatibility Telemetry無効化

タスクスケジューラー⇒Microsoft⇒Windows⇒Application Experienceを開きます。すると、「Microsoft Compatibility Appraiser」タスクが表示されますので、これを無効にします。

「Microsoft Compatibility Appraiser」を右クリックで無効にします。

まとめ

たまに発生していたこの問題ですが、この対処法を施した後は、「Microsoft Compatibility Telemetry」のディスクアクセスが原因で、Windowsの起動が遅くなる現象は発生しておりません。

20分も起動に時間がかかっているケースもあるようですね。。Windows Disk I/O 100% at boot for 20 Minutes

改善のために情報収集すること自体は協力したいものですが、もう少しユーザビリティに影響がないようにしてもらいたいですね!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする