「Simplicity」でアドセンス審査用コードを貼り付ける方法

アドセンスの申し込み後に、まずご自身のサイトに審査用コードを貼り付ける必要があります。

ところが、なぜか人気のWordPrssテーマ「Simplicity」に特化したアドセンス審査用コードの貼り付け方法を説明した記事がみつかりませんでした。

ということで、今回は、Simplicityの子テーマを利用している場合の貼り付け方法について、わかりやすく解説してみたいと思います。

Sponsored Link

アドセンス審査用コードの取得

Googleアカウントを取得した状態で、ログインすると、下図のように表示されます。

コードを取得をクリックすると、下図のように審査用コードが表示されます。

コードをコピー」をクリックして、コードをコピーします。

Simplicityに貼り付け

Simplicityの子テーマをまだインストールしていない場合は、まず子テーマをインストールしましょう。

外観 ⇒ テーマの編集 ⇒ header-insert.phpを開きます。

ログインユーザーも含めてカウントする場合は以下に挿入」の下部にアドセンス審査用コードを貼り付け、ファイルを更新をクリックします。

これで、審査用コードの貼り付け完了です。

審査用コード貼り付け結果確認

審査用コードの貼り付けが、正常に完了しているかどうかを確認することができます。

ご自身のサイト上で右クリックすると、「ページのソースを表示」と表示されますので、これをクリックします。すると、サイトのソースコードが表示されます。

次に、「Ctrl + F」を押すと、検索ボックスが表示されますので、そこに「<head>」と入力します。

そうすると、ソースコードの中の<head>にフォーカスがあたりますので、「<head>~</head>の間」に先ほどのアドセンス審査用コードが表示されているかを確認します。

表示されていれば、問題ありません。

まとめ

Googleアドセンスに申し込んだのはいいものの、審査用コードの貼り付けに失敗していると、いつまでたっても審査が完了しなかったり、不合格になったりしますので、注意が必要です。

ただでさえ、審査期間が長いので、審査用コードの貼り付けはサクッと終わらせてしまいましょうね!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする