plantumlで「Dot Executable: null」と表示される場合の対処法・解決策

plantumlでユースケース図を作るぞー!と意気込んでみたものの、いざ動かしてみるとこのエラー・・・。でも意外と簡単に解決できましたので、対処法を紹介いたします。

Sponsored Link

graphvizがないとエラー表示

graphvizをインストール済みか確認

「C:\Program Files (x86)」もしくは「C:\Program Files」の直下に、graphvizのフォルダがあるか確認してください。plantumlでユースケース図を表示するためには、このgraphvizが必要になります。

graphvizをインストール

graphvizダウンロードサイトにアクセスします。すると、次の画面が表示されますので、赤枠内のインストーラ名をクリックして、graphvizのインストーラをダウンロードしてください。

ダウンロードしたインストーラを起動して、graphvizをインストールしてください。ウィザードにしたがって進めていくだけですので、特に悩むところはないと思います。

インストールが完了したら、plantumlでユースケース図が表示できるようになったか確認してみましょう。

plantumlでユースケース図を表示できるか確認

テキストファイルに以下を入力して保存します。

@startuml{test.png}
left to right direction

actor :利用者: as user
actor :コンビニ店員: as admin

package "コンビニ" {
    user -- (商品を購入する)
    (商品を購入する) -- admin
    (商品を陳列する) -- admin
}
@enduml

これを、plantumlに読み込ませると、エラー画面ではなく、下図が表示されましたので、これでエラー対応完了です。

まとめ

便利なplantumlですが、意外と環境構築が手間ですね。ただし、1度環境を構築してしまえば、とても便利なツールですので、エラーが表示されてしまった場合には、是非本記事を参考にされてくださいね♪

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする