車両保険を使うべき!?自己負担と保険使用どちらがお得?判断基準・見極めポイント

交通事故に遭ったとき、相手がいる場合は、10-0でもない限り、ほとんどのケースで保険を使うことになると思います。金額が大きくなりますからね。

一方、自損事故の場合や当て逃げの場合で、車体に軽くキズがついた程度で修理費用が少額の場合、自腹を切って自己負担にすべきなのか?それとも車両保険を使うべきなのか?

どう判断すべきか、迷ったことはありませんか?

「よく10万円かかるかどうかがポイント!」といった内容の話をよく聞きますが、このような単純な判断では損をしてしまうかもしれません。ご自身が加入している保険内容に照らし合わせて判断する必要があります。

Sponsored Link

判断ポイント

以下2点がポイントになります。

  • 修理費用の総額
  • 保険使用で増額する保険料の総額

この2つを比較して、修理費用が安ければ自己負担、高ければ保険を使います。

修理費用の総額

これは単純に車を修理するために必要な費用の総額を確認するということです。

例えば、車体の側面の前方部を擦った場合、サイドミラーの交換費用や、ボディ部の塗装にかかる費用など、修理にかかる費用の総額を確認します。

保険使用で増額する保険料の総額

車両保険を使って、車の修理をする場合、何年か事故等級になり、保険料割引率がガクッと落ちてしまうのが一般的です。

えいじまんが経験したこの事故では、仮に保険を使うことになっていた場合は、割引率が60パーセント代から30パーセント代になり、月額が約2000円値上がりしていたことになります。

これが3年間続きますから、単純計算でも2000円×36ヶ月で、7万2千円の負担。。

実際には、もう少し細かく計算する必要がありますが、無事故だった場合の保険料事故扱いになった場合の保険料トータルの差額=増額する保険料ということになります。

計算の仕方がわからなければ、保険屋さんに聞いてみてくださいね。

修理費用vs保険料増額分

単純に修理費用が高い場合は保険を使い、保険料増額分が高い場合は自己負担とすべきです。

例えば、修理費用が5万円と仮定します。そして、保険を使った場合、保険料増額分が7万円になるのであれば、修理費用の5万円を手だしで自己負担した方がお得になりますよね。

つまり、この場合は、保険を使わずに自己負担で修理すべき」ということになります。

まとめ

車の保険を使うべきかどうかは、「車の修理費用の総額」「保険使用で増額する保険料の総額」この2つのうち、どちらの総額が大きいか、これが判断基準となります。

「お車の車種」「加入している保険の内容」によって、大きく費用の計算結果がかわってきますので、ご注意くださいね!

保険使用で増額する保険料の詳細については、加入している保険屋に確認するのが確実ですので、ぜひご確認ください。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする