画像切り取りソフト「Rapture」で切り取った画像を加工する方法

rapture

どうも、えいじまんです。今回は、パソコン画像の一部を切り取りキャプチャする超便利ソフト「Rapture」の紹介 ~導入編~ で紹介したRaptureで切り取った画像に文字を挿入したり、赤線で枠をつけたりする方法をご紹介します。

えいじまん
このおにぎりくんでキャプチャした画像をファイルを加工します!

切り取った画像に赤枠や赤線を追加

設定

Rapture上を右クリック ⇒ 色 ⇒ 赤 をクリックします。

次に、線幅をクリックし、上から2番目をクリックします。

丸を描いてみる

Rapture上で、Ctrlを押しながら、左クリックを押しっぱなしにしてマウスを動かすと、下図のように赤線が引けます。

直線を引いてみる

Rapture上で、Ctrl + Shift を押しながら、左クリックを押しっぱなしにしてマウスを動かすと下図のように直線を引くことができます。

切り取った画像に文字を挿入

Rapture上を右クリック ⇒ テキスト をクリックします。下図のように、テキスト入力ボックスが表示されますので、任意の文字を入力します。

文字を入力してOKをクリックすると、画像に入力した文字が表示されます。

まとめ

今回は、切り取った画像に文字を挿入したり、赤線で枠をつけたりする方法をご紹介しました。ドキュメント作成でもブログ記事作成でも、もはやRapture(おにぎりくん)なしではやっていけないほど、なくてはならない存在になっています。

関連記事:画像切り取りソフト「Rapture」でキャプチャファイルを自動保存する方法

この記事が皆様のお役に立ちましたら幸いです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする