子供が発熱!病院は?解熱剤は?知っておきたいマメ知識

あれ?何か熱い…熱を測ってみると高熱が!病院は行くべき?解熱剤は飲ませて良いの?と筆者も子供が発熱したときに、よくわからずに調べましたので、その内容をまとめます。

えいじまん
38.5度!?早く病院いかないと!!
落ち着いて!
機嫌も良いし、食欲もあるから少し様子見よう^^
えいじまん
・・・

※いろいろと調べてみてわかったのですが、どこも書いてある内容が微妙に異なりますので、あくまでも判断は自己責任でお願いします。

Sponsored Link

病院に行く目安

月齢によって目安が異なりますので注意が必要です。

0~3ヶ月

38度以上の発熱で可能な限り早く病院に!夜間や休日の場合は、救急病院にどんなに遅くても24時間以内に受診する必要があるようです。

わが子も2ヶ月で夜中に38度以上の熱が出たときに病院に電話すると、「すぐに来てください!」と言われ、すぐに病院へ、そのまま1週間の入院生活でした。。

病院に行かれる際は、そのまま入院してもいいように、必要最低限の準備はしていった方が良いかもしれません。

4~5ヶ月

38度以上の熱があっても、食欲があって、機嫌も良いのであれば、様子を見て翌日に病院に行けば問題ないようです。

ぐったりしていたり、痙攣をおこすなど、明らかにいつもと違う様子であれば、すぐに病院に行きましょう。

6か月以降

熱があっても普段の様子と変わらなければ、あわてて病院に行く必要はないようです。

4~5ヶ月のときと同様、明らかに異常な状態であれば、すぐに病院にいきましょう。

解熱剤を飲む目安

38.5度以上が目安ということですが、食欲があって、機嫌が良いなど普段の様子と変わらないようであれば、飲む必要はないようです。

そとそも解熱剤は、熱の原因を根本的に治すのではなく、熱による苦しさや痛みを緩和するためのものです。

熱のせいで食欲もできないほどにきついとどんどん体力が落ちてしまいますよね?

こんなときには、熱を下げて、食事をとることで、栄養を摂取し、体調を整えると良いとのこと。

まとめ

子供が熱を出すといろいろと心労がたまりますよね。

特に月齢3ヶ月未満の場合は、緊急性が高く、入院となる可能性も高いので、いざという時のために、事前準備をしておくと良いかもしれません。

えいじまん
今回私が調べたことは全部知っていた妻…
えいじまん
すばらしいよママ、もっとしっかり調べとかないとなぁ~

と反省したえいじまんでした。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする